2009年06月07日

山形赤湯温泉・丹泉ホテル

山桜系.jpg

ちょいと季節がずれてしまったが、桜の美しい温泉地をご紹介しよう。
初夏にはサクランボ、夏から秋にはぶどう狩りやめずらしいラ・フランスもぎもでき、2009年は大河ドラマ「天地人」で盛り上がっている山形県南部だ。

東京からだと350qほどあり、4、5時間のドライブ。ちょっと長いが、東北道の福島インターから米沢までは1時間ちょっと。意外と近い山形県でもある。

米沢城.jpg

まず向かったのは大河ドラマの後半の舞台、米沢。
お城は今では石垣だけとなったが、隣の博物館には例の「愛」印の兜やら、国宝の「洛中洛外図」を所蔵する。
ちなみに米沢城は伊達政宗の生誕地でもある。
歴史好きは上杉家の墓地あたりまで足を伸ばすといいだろう。

犬は博物館には入れないが、城址公園は恰好の散歩コース。すぐ隣には無料の駐車場もあるし、山形県名物が揃う「上杉城史苑」を覗いたり(ペット入場不可)、野外の露店で山形名物の冷たいラーメンや鯉の甘露煮をいただくのもいい。

烏帽子山の鳥居周辺は桜の滝.jpg

米沢から30分ほど行くと赤湯温泉。
ここに来たかったわけは、「桜の名所100選」に選ばれた「烏帽子山」の桜に会いたかったから。
およそ1000本もの桜が山全体を覆い尽くす。ここの桜はなんといっても種類が豊富。樹齢数百年の江戸彼岸枝垂れ桜や、日本三大桜のうち、三春の滝桜と岐阜の薄墨桜の遺伝子を受け継ぐ桜などもあり、花見というと、ソメイヨシノ一色になりがちだけれど、ここでは桜の色の豊富さを実感できる。

桜の色もさまざま.jpg

お花見犬.jpg

本当に降るような桜の花に包まれて、それはそれはいい気分だ。
毎年、見頃は4月の20日前後。足を伸ばして来る価値のある桜だ。


この烏帽子山の真下にあるのが赤湯の温泉街。普通の町なので、温泉情緒にはやや乏しいが、うれしいのは、小さなワイナリーがいっぱいあること。町の酒屋さん?みたいな店舗がりっぱなワイナリーだったりする。桜見物のあとは、お散歩ワイナリー巡りを楽しむのがいいだろう。


今回泊まったのは「丹泉(たんせん)ホテル」。
ホテルといいつつ、客室はほぼ和室。鉄筋コンクリートの昭和の香りがするやや古びたデザインだが、客室は清潔で品があり、そのうえ広い!

赤湯温泉は、平安時代末期、源義家が東北統一の戦をしていた頃の開湯で、後には米沢藩のお殿様の御殿湯にもなり、900年余年の歴史を持つ。硫黄系のしっとりした湯が旅の疲れを取ってくれて心地よい。
奇抜なアイディアやデザイン性はなく、どちらかというと、ゆったりとしたシニア向きな宿といえようか。
ペット料金が3150円とちょっと高いのだが、毎回オゾン脱臭の専用掃除機で徹底的に掃除するそうなので、まあ、安心料と考えたい。

丹泉ホテルの夕食.jpg
山形牛ステーキ付.jpg


食事はペット連れは夕朝ともに部屋食にしてくれるのもうれしいところ。
夕食は山形の地場ものが満載。山奥だと思われがちだが、庄内の魚なども入ってくるので、海の幸、山の幸ともに鮮度がいい。それになにより山形といえば牛。近くの米沢牛を使ったコースもある。
我が家はややリーズナブルな「山形牛ステーキ」コースをチョイス。それでも焼きたてでまだジュウジュウいっている皿を運んできてくれるし、焼き具合もジューシーさも満点。

丹泉ホテルの朝食.jpg

朝食はつきたて餅がサプライズ。一般客は食堂で食べるので、餅つきパフォーマンスも見られるようだ。
 ペット連れには辛み餅、納豆餅、あんこ、それにお雑煮を持ってきてくれ、足りなかったら追加してくれる。だが、それ以外にも朝食はあるので、これだけを平らげるのもちょっとしんどいほど。でもつきたてのお餅はおいしい〜。

桜の時期には、宿から夜桜見学ツアーも開催。ホテルの提灯を持って、夜の烏帽子山を案内してくれる。無料だし、出発前には飲み物を用意してくれたりもする。こんなちょっとした気遣いもうれしいものだ。


伊佐沢の久保桜.jpg

赤湯からは春なら「置賜さくら回廊」をめぐってみるといいだろう。樹齢500年を超す古木が点在していて、犬の入場も可。里の人たちが大切に守ってきた桜から、その生命力と美しさをお裾分けしてもらう。


板蕎麦.jpg

米沢市内には名物の板蕎麦のお店もいっぱい。
ランチはやはり蕎麦がおすすめだ。



■丹泉ホテル
電話0238−43−3030
山形県南陽市赤湯988
1名 1泊2食12000円〜 ペット料金1匹3150円
10kgまでの小型犬のみ
※ケージ、ペットの食事、トイレ用品は持参のこと。館内は抱っこで移動可。
ホームページ 

posted by みやこ at 15:40| Comment(0) | 犬と一緒に泊まれる宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: