2010年07月05日

ワンコと寺めぐり〜吉祥寺・群馬県川場村

吉祥寺.jpg

先日、愛犬を連れてお寺めぐりに行って来ました。
その名は「吉祥寺」。西東京のおしゃれタウン、はたまた駒澤大学の前身のお寺の名前と一緒で、読み方も一緒ですが、場所は関越道沼田ICから車で10分ほど。
スキーやら、冬場の取材で遭難しかけた体験しかない群馬県川場村にある、初来訪のお寺です。

かなり田舎のお寺でもあるし、大した期待はしていなかったのですが、これが思いがけず、すばらしいお寺でした。
なんとも境内すべてがフォトジェニックで、シャッターを押しまくることになったのです。

今回、吉祥寺を旅先に選んだわけのひとつが、境内に犬を入れてもOKだったこと。リードがついていれば散歩できます。

拝観料500円を払うと、受付の女性がとっても気持ちよく、犬も大丈夫といってくれ、粗相するなとか、ウン袋持ってるかとか、しつこく言われることもまったくなく、おおらかな対応がうれしいものでした。

如意輪観音.jpg
ホタルブクロ.jpg

境内に入ると、まず咲きはじめの紫陽花がお出迎え。山紫陽花の清楚な色が梅雨時のうっとうしさをすっきりさせてくれます。
なによりも高原に近いので、日差しがあっても風は爽やか。

山門.jpg

山門には登ることもでき、楼上には文殊菩薩と十六羅漢が鎮座。地方仏としてはかなりの名品。(犬は建物内には入れません)

九輪草と六地蔵.jpg
九話草.jpg

参道沿いにはサクラソウの仲間、九輪草がそろそろ終わりを迎える頃。
六地蔵とのコントラストがなかなかのもの。

枯山水.jpg

本堂は禅寺らしいシンプルで開放感のある佇まい。三方が庭で、それぞれ枯山水、武尊岩を豪快に積み上げた岩山のような庭、大きな池と滝を配した回遊式の庭と、それぞれに見応えあり。

岩と滝.jpg

なによりダイナミックで、京都のような作り込まれたミニチュア庭園とは比べようもないものです。本堂から庭とその奥の深い木々を眺めているだけで、緑のフィトンチットと、滝のマイナスイオンをたっぷり浴びることができ、それはそれは気持ちいいものでした。

おもかげの滝.jpg

「花の寺」というだけあって、境内には野の花がいっぱい。その花々の周囲には湧き水が清流となって流れ、水音の1/fゆらぎ効果もばっちり。
花音痴の私もかわいい花々に、とっても癒されました。

赤い花と地蔵.jpg
虎の尾.jpg
湧き水.jpg

四季を通じて百の花が咲くと言われ、これからは蓮がきれいのよう。
秋の花や紅葉も見事だとか。
拝観料500円はちょっと高いかな、と最初は思ったのですが、境内は手入れも行き届いていて、枯れ葉一枚落ちていない見事さ。納得の拝観料でした。
ちなみにTDL並に「年間パスポート」もあるそうですよ。
花と寺好きにはたまらんところです。ちょっとパスポートに食指が動いている自分がコワイです。

本堂ではお抹茶もいただけますし、境内にはなぜか蕎麦屋もあり、境内の中で半日は過ごせそう。日差しの変化で寺の表情が変わるのを楽しむのもいいでしょう。


青龍山吉祥寺
住所: 群馬県利根郡川場村門前860
電話: 0278−52−2434


山賊焼き.jpg
絶対ソーセージください!!!.jpg

さて、今回のワンコと寺めぐり、次に向かったのは「道の駅」。関東で人気随一の「田園プラかわば」。
ここではこれまた人気のソーセージ盛り合わせ「山賊焼き」と、地元の米で作るおにぎりをゲット。平日だったのでどちらも並ばずに買えましたが、週末は行列だそう。
ソーセージはいろんな味が楽しめて、おいしかった。

野外テラスで犬と一緒にランチをしたのですが、地元の野良ニャンコがにゃごにゃご、ソーセージをねだるので、母が手渡しで野良に差し出したところを、シャキーン!と引っかかれました。
遠くの草むらへソーセージの欠片を投げてもしっかりキャッチするし、我が家でのんびり留守番をしている猫とは大違い。
愛犬テンは猫の早業に、ボーッとするばかりでした。

さくらんぼ.jpg

食後のデザートは隣の沼田市に点在する「さくらんぼ狩り」へ。
道の駅の観光案内所で聞いた「のぼり旗」を目印に県道を沼田方面へゆけ!の指示通り、飛び込みだったものの、快く迎えてくれたのが「石田農園」さん。
車の中に犬を残していけないので、「日陰につないでおいてもいいですか」と尋ねたところ、「どうぞ、中に入れちゃって」とのこと。
ペットOKのさくらんぼ園でした。
今年は色づきがイマイチとのことでしたが、味はバッチリ。やっぱり穫れたての完熟したさくらんぼはピカイチの甘さ。
30分1500円の元は取ったと思います。
愛犬テンはサクランボは食べないのですが、ちょこっとなら犬に上げてOK。気さくでおおらかなのは、群馬県人気質なのかな。


今回は日帰りにしましたが、このあたりでワンコ連れで泊まるのなら、
同じく川場村にある塩河原温泉「渓山荘」がおすすめです。

純和風の座敷で、ワンコとのんびり過ごせるうえ、料理とお湯が抜群。
デイユースプランもあることに帰ってから気が付きました。
ここを使ってのんびりのすればよかった〜。







posted by みやこ at 21:50| Comment(0) | 東京と首都圏のお寺と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。