2010年08月14日

奈良まほろば館講座でサプライズ


昨日は日本橋の「奈良まほろば館」で吉野地方の講座がありました。
講師をつとめさせていただきましたが、60名以上の方が参加。年配者も若い方もいて、自分で言うのもなんですが、けっこう盛り上がりました。

まほろば館に到着するとサプライズな宅急便が届いていてびっくり。
送ってくださったのは、今回のテーマであった丹生川上神社下社の宮司さん。
中味は明治時代に作られた丹生川上神社の絵はがきの復刻版。
聴講者数分、ドン!と送っていただき、うれしいやら、申し訳ないやら。
とにかく参加された方たちに配布。皆さん、思いがけないプレゼントに喜んでいただけたようです。

丹生川上絵はがき.jpg


この絵はがき、今年5月に偶然、東北地方の古書店で見つかったものだそうで、6月1日の神社の祭礼前日に印刷が間に合ったのだとか。

セピア色で表書きは洋風にモダン、写真の下には英文で神社名も入っていて、日本人向けというよりも、外国人向けのお土産だったのかもしれません。
3枚が「下社」、1枚が「上社」のもので、下社の拝殿や本殿は今もまったく同じ姿をしています。
上社はダム建設で残念ながら、場所も建物も変わっています。

1400年前に創建された神社の、長い歴史のひとときに触れられたような、そんな味わいのあるものです。
この復刻版絵はがき、「非売品」だそうで、神社で販売はされていないようです。

下社の宮司さんには参拝したおりにもいろいろなお話を伺い、供物の蕗までいただいて帰り、偶然の出会いが、いろんな形に実を結んでいて、何か不思議です。

写真に写っている念珠は奈良市内にある「福智院」の住職夫人からいただいたもの(こちらも偶然訪問して、2時間もおしゃべり)。なかなか身につける機会がなかったのけれど、昨日の講座ではじめて腕につけてみました。

講座の成功は奈良の神仏のおかげだったのかな。





posted by みやこ at 16:18| Comment(0) | パワーはここにあり聖なる神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。