2012年11月11日

秋の京都・奈良2012


某誌の取材で京都へ。
今はちょうど神護寺のあたりが紅葉の見頃だとか。
市の中心部は、もう一息といったところ。たぶん25日前後が最盛期と思われます。
でかけた妙心寺の塔頭も紅葉した木は1本だけ。
ただ、空気が秋なんですねー。
ひんやりと気持ちいい。木々が真っ赤に染まる直前の、
キラキラした輝きが気持ちいい。
茶席でお抹茶をいただきました。

退蔵院.jpg

取材後は自由時間。
近鉄特急で奈良へひとっ飛び。わずか40分。
奈良はですねー、いい感じに色づいてました。
気温も京都に比べ、ぐっと下がっている感じ。

奈良の秋.jpg

東大寺脇から若草山へ向かう公園も素敵な秋色でした。

東大寺ミュージアム、興福寺の仮金堂を見て、正倉院展へ。
ワタクシ、正倉院宝物の中でも最も重要といわれる、聖武天皇遺愛の品「国家珍宝帳」に記載されている宝物を、一生のうちにすべて見てみたい、というのが大いなる野望です。
かれこれ30年近く見てますから、その野望にもかなり近づいているのですが、毎年、毎年新たなる発見や、再認識があります。
今年のガラス工芸品は「瑠璃杯」だけでなく、すばらしいものがたくさんありました。
来年は何を見られるかなあ。

ところで、この「国家珍宝帳」の冒頭に記載されている「陽剣」「陰剣」は正倉院から運び出され、長らく行方不明と言われていました。
これが、実は東大寺大仏の基壇下に納められていたことが近年わかり、さきほどの「東大寺ミュージアム」で実物を拝見することができます。

正倉院展の時期にこちらの宝物も見ることができて、これまたうれしい。
それに、法華堂の「不空羂索観音」の修理が終わり、こちらも拝観。
合掌した手のひらに「宝珠」というなんでも願いを叶えてくれる水晶玉をはさんでいる仏像なのですが、この宝珠が手のひらからはずされ、ガラスケース越しですが、間近に見ることができました。

何か願い事のある方、今がものすごいチャンスかもしれませんよ。

奈良の秋 02.jpg

かなり冷え込んだので、奈良国立博物館脇で「京風ぜんざい」もいただいちゃいました。
関西滞在9時間、さあ、帰京です。



posted by みやこ at 21:00| Comment(0) | 奈良が好きなんです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。