2007年07月28日

岐阜・奥飛騨温泉郷 お宿 飛騨野

hida yama.jpg
新穂高ロープウェイから見る笠が岳など3000m級の山々


 山が好きである。四季の変化が美しいし、なんといっても緑の木々と清流を眺めるだけで癒されてくる。それに温泉も豊富でいうことなし。とはいえ、自力で登った山は東京と神奈川の県境、標高599mの高尾山が最高峰だ。
 そんなわけで我が家の山旅は楽して高いところへ行ける、が条件となる。

 最近のお気に入りは岐阜県奥飛騨エリア。松本と平湯を結ぶ安房トンネルが開通したおかげで、都内から平湯まで4時間ほどで行けるようになった。松本から安房トンネルまでの間には上高地や白骨温泉、乗鞍高原などこれまた山の美しい場所があり、ペットの同行も可能だ。だが、自然保護行政が厳しくなってくると、今後は上高地や乗鞍高原畳平方面への入場は難しくなるかもしれない。
 ペットを自然保護区に入れるなという意見はもっともなのだが、だったら、ニンゲンをもっと規制したほうがいいんじゃないの、とも思うのだが・・・、身勝手なものだ。

 今回紹介するのは、奥飛騨温泉郷のひとつ、新平湯温泉にある「お宿 飛騨野」。いわゆるペンション形式に宿だが、掛け流しの温泉は大きな露天風呂と貸切風呂もあり、ペットと泊まれる部屋は和室。というわけで我が家の条件にぴったり。1泊2食9750円〜と値段も手ごろだ。

hida gaikan.jpg
お宿飛騨野の外観。新平湯の温泉街からはやや離れている


 ペンションなので布団の上げ下ろしは自分で、バスタオルはなし。浴衣や歯ブラシセットはあるので、まあ上等の部類だろうか。
 部屋はごくシンプルで、ペットが利用している割には、清潔感がある。
 この宿の魅力はなんといっても温泉と食事だ。この2つが充たされれば、文句はない。

 出かけたのは新緑の季節の平日で、我が家のほかにはもう一組のみだったせいもあり、2つある大きな露天風呂をそれぞれに貸切にして堪能。単純泉で匂いや色はないが、さっぱりとした感触で、周囲の緑を眺めながら浸かるお風呂はなんともいえず気持ちいい。紅葉の頃はなおいいだろう。

hida ryori.jpg
飛騨野の夕食。飛騨地方の食材いっぱいで、料金以上の価値あり



 食事は飛騨牛の炭火焼きや蕎麦、川魚、山菜など、地物メインでかなりおいしい。同宿だったもう一組は2泊目ということで、鴨鍋をいただいていた。こちらもおすそ分けをいただくと、なんとも美味。今度来るときは2泊したいな。

 朝食は朴葉味噌と熱々の味噌汁で、すがすがしい山里の朝という献立。変に気負ったペンション料理ではなく、奥飛騨を愛するオーナーの心づくしのもてなしという感じで、好感が持てる。

 シニア世代のオーナー夫妻がふたりで切り盛りする宿のせいか、すべてにおいてのんびりしている。ゆったりしたい人にはおすすめだが、騒いだりせっかちな人には向かないかもしれない。特に朝、コーヒーを注文したとき、10分以上かかったりしたので・・・。

 オーナー夫妻は周辺の山登り経験も豊富なので、自然や山の情報を教えてもらうのもいいだろう。
 ちなみにオーナーのいちばんのおすすめは秋の安房峠だそうだ。トンネル開通でめっきり人が少なくなったが、ここの紅葉がいちばんの見所であるらしい。

 ペット用品は何もないので、必要備品はすべて持っていこう。 夏も涼しいので犬への負担も少ない。ただ、宿の目の前はカーブのきつい国道で車も多いので、犬の散歩には注意したい。

また。この宿は大々的に犬連れOKを謳っていない。犬も泊まる宿を嫌う客に配慮してだが、食堂や共有スペースにペットは入れないので、大きなトラブルにはならないだろう。ハイシーズンなどは断ることもあるという。犬種は小型犬のみだ。

hida takayama.jpg
高山市内へは車で1時間ほど。高山は駐車場も豊富。車を降りて散策を楽しみたい。


 ここからは周辺アクセスもよく、高山へ出るのもいいし、新穂高ロープウェイから3000m級の山々を見渡しに行くのもいい。温泉もいたるところにあるので、日帰り湯めぐりもいいだろう。我が家は1泊2日で出かけたが、できれば2泊くらいしたほうが、奥飛騨の魅力をより深く感じられるだろう。
 ちなみに新穂高ロープウェイにペットは乗車不可。暑い時期に車に残していくのは危ないので、ご注意を。

■お宿 飛騨野


posted by Miyako at 14:05| Comment(6) | 犬と一緒に泊まれる宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
奥飛騨の温泉はいいですよね。
料理も美味しそう。
それがワンコと一緒に泊まれるとは!
だけど、大型犬はやはりハードル高いですね〜。
…といっても実家のラブラドールの場合、まずしつけがなってなくて、キャンプ場ですら連れて行けない感じです・・・。
Posted by kimiko at 2007年08月01日 20:33
kimikoさん
奥飛騨、犬も人間も楽しめていいですよね。新穂高温泉にはシャーレ穂高っていうペット可宿もあるんだけど、ラブちゃんはちょっと無理かも・・・。
白馬エリアや蓼科方面には大型犬OKの宿が多いみたいですよ。
Posted by みやこ at 2007年08月07日 23:58
大型犬はやはり難しいですね。
うちのは小賢しくて、人をみて言うことを聞くか聞かないか判断するようなので、思いきりなめられてる私の場合、やっぱり旅に連れ出すのは無理かなぁ。
訓練の人に来てもらったあとはしばらくいい子だったのに、時間がたったらすっかり元通り…。
Posted by kimiko at 2007年08月08日 22:23
kimikoさん
高山わんわんパラダイスは大型犬もOKですよ。
高山市内と平湯のほぼ中間にあって、かつてはスキー宿だったようなホテルです。周囲には散歩できるところもあって、いいかも。ほぼ全員犬連れなので、変に気を使わなくて楽しめるのでは。
Posted by みやこ at 2007年08月20日 13:19
奥飛騨、ついつい平湯温泉街は素通りしてしまいますが、よさそうな宿ですね。
平湯は「神の湯」には必ず入りますが。
安房峠にトンネルが通っちゃうなんて、考えられませんでした。


Posted by blue at 2007年08月24日 19:21
blueさん
お返事遅れてごめんなさい。
私も平湯の「神の湯」好きですよ。今回は犬と母が一緒だったので入れなかったんですが・・。
安房峠、碓氷峠、みんなバイパスやトンネルで便利になりましたが、情緒はなくなっちゃいましたね。
飛騨から白川郷に向かう「天生峠」くらいでしょうか。昔のままなのは。
天生峠も、ダム側の国道や今度つながる高速に皆行ってしまいますから、行き交う人は少なくなっているようですね。
Posted by みやこ at 2007年09月02日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: