2008年02月04日

伊豆高原 別邸 石の家

 ペット連れ客も泊まれる高級プチホテルとして、伊豆高原の別荘地に誕生した「石の家」。英国の石造りの家をモチーフに、アンティーク家具が置かれた落ち着いた雰囲気の宿だ。諸事情があってこの宿に格安で泊まれた我が家。


石の家料理.JPG

 一泊してみての感想は料理は大満足!従業員のホスピタリティもいい!というところでは星3つ。
 料理は伊豆らしく魚介が豊富で、お刺身、汁物、煮物など和食を見た目洋風にアレンジしたもの。京料理のようにいいダシを使っていて、なかなかの味わい。和洋のバランスもいいと思う。

 部屋食で、アンティークテーブルでの椅子席なので、和室で正座が苦手な人にもいいだろう。料理も一品ずつ温かいものは温かく、といった出し方なので、パッと並べられた旅館料理とは違って、気持ちもいい。

 従業員の料理の説明もくどすぎず、ポイントを押さえている。若い人が多いようだったが、控えめで皆、笑顔がかわいい。翌日の観光コースを尋ねた時も、手書きの地図に要点をマーカーでチェックしてくれるなど、心のこもったうれしいサービスだと思う。


風呂.jpg

 お風呂は温泉を引いているようだが、各客室とも内湯と小さな露天風呂のみ。どちらもひとりずつしか入浴できない。バラ風呂の有料サービスもあるが、なんかちょっとゆったりできなかった。狭いというのが難点だろう。湯は循環なので泉質がどうのというものではなかった。


ベッド.jpg

 客室はダブルベッド2台とソファコーナーがあって、広めだとは思うし、造りもしっかりしているのか、隣室から話し声や犬の鳴き声が聞こえることもなかった。うちの犬も周囲の雑音に気が付かないほどだった。

 総じてレベルは高いと思うのだけど、どこかゆとりを感じられないのが唯一の難。ペンションタイプなのでしかたないとは思うが、大浴場やロビーなどパブリックなスペースがまったくない。部屋から眺めがいいわけでもなく、併設のドッグランもかなり狭い。

 一度部屋に入ってしまうと、チェックアウトするまで部屋にこもるしかなく、スタッフも用事がない限り顔を合わせないので、いわゆる「おこもり」したい人にはいいだろう。宿の中をうろうろしながら宿文化を楽しみたい人には、ちょっとつまらないかもしれない。

 また犬の散歩も周囲がすべて斜面のため、急坂を上下するしかなく、ちょっと辛い。広々とした遊歩道もないし、別荘地なので散策がてらにお店を覗くとかそういった楽しみもない。ロケーション的にはポイントはあげられないな。

 値段も2万円前後とやや高め。英国調な雰囲気に興味がなければ、ここの料理と部屋の広さならもう少し安い宿もある。付加価値に納得できるかどうかは、個々の趣味によるだろう。ただ、全室ペットOKにしてくれている寛容性には大いに評価したい宿だ。

 犬用備品は特にないのですべて持参すること。

■別邸 石の家
posted by Miyako at 21:55| Comment(2) | 犬と一緒に泊まれる宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この宿、泊まったことあります。
バラ風呂も入りました。
感想はみやこさんと全く同感。
ちょっとだけ息苦しさがありますよね。
ペットオーケーの宿なんですね〜。
Posted by blue at 2008年02月19日 00:06
blueさん
同感でしたか。
若いラブラブカップルにはいい宿ですよね。
犬連れokなのはとってもありがたいんですが・・。
Posted by みやこ at 2008年02月23日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。