2011年02月25日

4月からの新講座のお知らせ

スカイツリー559.jpg

4月より(株)カルチャー主催の講座を新たに担当します。
いずれも江戸にちなんだパワースポットをキーワードに、名所旧跡の裏話をたどる散策とおいしいグルメをめくります。
おひとりでの参加も歓迎。和気藹々、毎回新しい仲間と半日散策を楽しめます。

ちなみに3月17日(木)の川口カルチャーセンター講座は、大宮氷川神社と鉄道博物館です。
一回だけのビジター入会も可能です。カルチャーさんまでお問い合わせください。

川口カルチャーセンター
昨年秋からの継続講座です。これからは王子、六本木、神田などを楽しみます。

大宮カルチャーセンター
4月からの新規講座です。スカイツリーはじめ内容は川口と同様です。

昭和の森カルチャーセンター 
4月からの新講座です。内容は江戸の西よりの名所、隠れスポットをめぐります。
 大國魂神社と競馬場、新宿、四谷界隈など。


いずれも説明会があります。お申し込みと併せて各カルチャーセンターにお問い合わせください。

※いずれも講座費用、資料代のほかに交通費、ランチ代、各スポット入場料がかかります。

出世の石段.jpg





posted by みやこ at 13:33| Comment(0) | 散策講座情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

新連載がはじまりました


ぶんぶん書房のサイトに新連載が始まりました。
「江戸・東京の都市学・御利益・ウォーキング」です。

江戸と東京の不思議スポットをひもとくエッセイです。

http://chosha.exblog.jp/i3/



posted by みやこ at 12:24| Comment(0) | 東京と首都圏のお寺と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

新たなパワースポット・スカイツリー


先日、カルチャーセンターで講師をつとめる散策講座で浅草を歩いてきました。
裏浅草寺情報などはまた別の機会に書きたいと思いますが、まずはこちらをご覧ください!


スカイツリー559.jpg

559mに達した東京スカイツリー、美しいです!!
634mの完成時の高さまであと70mちょっと。
真下の東武線業平橋界隈が賑わっていますが、私の一押しはこの眺めですよ。

これはアサヒビール本社22階にあるイタリアン「ラ・ラナリータ」からの眺め。
真っ正面だし、根元部分ものぞき込むようにはっきり見えます。
周囲の墨田区一帯はもちろん、東京湾、お台場か葛西の観覧車、北には筑波山もはっきり。

工事中なので長〜いクレーンワイヤーで荷物をあげる様子がはっきり見えたりして、社会科見学的な楽しみもあります。


ラナリータは平日なら1000円からランチがあります。
見晴らしのいい席を予約するのであれば、料理は2000円から。
週末はもうちょっと高いコースのようです。
席料もサービス料もなしなので、かなりお得です。

ただ料理の味付けはやや塩気が強め。
下町なのでこの界隈の人たちの好みでもありますし、またビール屋さんなので、ビールがグイグイすすむ味付けのようです。



posted by Miyako at 13:21| Comment(0) | パワーはここにあり聖なる神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

にほん日和2月号に絶景の宿を掲載

にほん日和.jpg

ベネッセから通販されている旅雑誌「にほん日和」2月号(1月10日発売)の宿特集に、おすすめ絶景宿を紹介しています。
冬から春先に訪れたい宿。
さあ、どこだと思います??

ライターズ7仲間の小林さんも、おいしい宿を紹介していますよ。

詳しくは本誌をご覧ください。
ちなみに通販のみの発売です。
表紙は大好きな青梅の梅の公園。
とても広いし淡い白とピンクのコントラストが本当にきれい。
ああ、また梅を見に出かけたいなあ。





posted by みやこ at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

2010年の旅を振り返って


今年もそろそろ終わり。
この一年の旅を振り返ってみると、遷都1300年祭のおかげか、本当に奈良によく行った。
拙著「行こう!奈良旅」も出版したし、仕事や個人的な取材旅行など合わせて6回ほど行った。

奈良県が主催するイベントが成功だったかどうかはわからないが、やはり修学旅行生とシニア女性ばかりが目立った。
飲食店や土産店のホスピタリティの悪さはあいかわらずだ。観光客が通らない通りはまあいいのだが・・・。

しかしながら、新しい店や、遷都祭を機に門を開きはじめた小さなお寺の、温かさやオリジナリティはぐんとよくなっていて、旅の楽しさを実感させてくれた。
観光客があまり通らない登大路の北側(興福寺、博物館の対岸の道沿い)には、なかなか良い店ができてきている。
スープランチの「ムッシュ・ぺぺ」はフランスの田舎料理がおいしいし、仏像写真の飛鳥園がやっているガーデンカフェも気持ちいい。

ムッシュ・ぺぺのスープランチ.jpg

奈良ではいい出会いがあった。
吉野の山の中にひっそりと鳥居を構える「丹生川上神社下社」の神主さんとの出会い。
「神様は前向きな人が好き。神社は現世利益を求めない、心の荷物をおろす場所。自分を律して人に気持ちよくなってもらう。それがいずれ自分にまわってくる」という言葉。
もうひとり、奈良市内、福智院の住職夫人。この方、本人そのものが菩薩様の雰囲気で、この方のおかげで、奈良のその奥をさらに知ることができた。

今年の正倉院展で、美しい靴と紙を目にした。実際に高貴な女性が履いていた形跡が残る絹織物の靴の鮮やかな朱色と黄色、長い年月を経てもなおパステル調の色が明るい5色の紙の束。
色についてもっと知りたいと思った。

話はちょっと変わって、奈良でも京都でも都内でも、たぶん全国、世界的にもここ数年、話題の観光地にはものすごい数のシニア団体ツアーに出会う。団塊世代がほぼ定年を迎え、元気で時間があって好奇心があってちょっとお金がある世代。
おかげで、観光地でやたらに行列を目にするようになったなあ。

ここ何年か団塊世代と接点があったのだが、彼らは自分たちを「人と同じのはいや、個性が大切」とずっと声高に叫んでいたのだが、結局のところ、「やっぱりツアーが楽」らしい。
言っていることと行動のギャップにやや翻弄された一年でもあった。

本当にひとり旅や個性的な旅を実践したり、欲しているのは、実際には団塊より少し若い世代みたいだ。


パワスポブームも若い女性だけのものから、シニア世代まで拡大し、なんだかあちこちで騒ぎを起こしているようだが、前述の住職夫人によると、「お願い」「お願い」とよこしまなお願い事をたくさんされる寺社には、邪気が漂っているらしい。
そんな寺社に行くと、私はなんだかとっても身体がだるくなり、とてもその場所に長くいられない。
そのことを彼女に聞くと、「よこしまな気」が出て行け、出て行けと善良なる心(私がそうなのかは別として)を神様から遠ざけようとするのらしい。
そんなところはもう、パワースポットじゃないよねー。

都内の某神社は雰囲気が好きで、よく仕事の途中に立ち寄ったりしていたのだが、縁結びと言い出してメディアに取り上げられるようになってからは、どんなに空いている時であっても、ちっとも立ち寄りたいと思わなくなってしまった。

B級グルメとパワスポは地域振興にもってこいだとは思うけど、神仏をあまり追いつめないでほしいなあ。
よこしまで無謀なお願い事は神様も聞いてくれないよ。
神様は前向きに自分を律して生きてる人が好きなんだから。


そういえば、東大寺のお水取りは、神仏が習合した行事。
テレビ映像のせいで「お松明」ばかりが取り上げられるけど、そのあとの深夜まで続く法要がおもしろい。
神仏を近くに感じられるのは、昼間ではなく夜の闇の中なのかもしれない。

東大寺・お水取りの夜.jpg






posted by みやこ at 23:48| Comment(0) | パワーはここにあり聖なる神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

そぞろ歩きが楽しい温泉街〜日経プラス1


ちょっとご報告が遅くなりましたが、先日、日経新聞の土曜版「NIKKEIプラス1」の取材に協力しました。以前から「夕日のきれいな宿」など、いろいろコメントをさせてもらってます。

今回のお題は「そぞろ歩きが楽しい温泉街」。
ライターズ7仲間の小林さんも含め、10名の旅の専門家による投票です。温泉の専門家もいますが、泉質や湯量だけでなく、街の楽しさを評価するため、いろんな方が投票されていました。

皆さん、1位はどこだと思いますか?
私は結果を聞いて、「えっ、そっち??」と思ってしまいましたが、それもあるのかなという文豪ゆかりの温泉街でした。

寒さが厳しくなるこの季節、温泉街で外湯めぐりに、温かい郷土食を食べ歩くなんていうのもいいですよね。
先週、近場の日帰り温泉に行ったばかりだけど、ああ、なんだか情緒ある温泉街に行きたくなってきた!

ランキングはこちら(日経新聞12月4日付より)。
1位 城崎
2位 渋
3位 草津
4位 道後
5位 有馬
6位 別府
7位 銀山
8位 伊香保
9位 野沢
10位 山代 




posted by みやこ at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

散策講座で芝・愛宕へ


増上寺.jpg

川口カルチャーセンターの講座は「芝・愛宕」へ。

まずは産土神の「芝大神宮」へ。
最近、この神社、いろいろな勝負運に御利益があるとかで、いろんなグッズを頒布。
お参りの際にちゃんと神官さんが御幣でお祓いをしてくれるし、あめ玉もくれたり、社務所の方々も愛想がよくて、なんだか今日の散策はいいことありそうな気分にしてくれます。
黒い布製のお守りがあって、
「めずらしいですね」と聞くと、
「黒字になるというので企業の方に人気なんですよ」との答え。
さすが、オフィス街だなあと実感。

芝といえば「増上寺」。
ここは江戸の南西にあたり、裏鬼門にあたる場所。
江戸を守るために増上寺には将軍とその家族の墓が築かれました。
来年の大河ドラマの主人公、お江と秀忠夫妻や、14代家茂と和宮夫妻も眠っています。

最近ではすっかり忘れられた存在ですが、江戸時代は神仏習合していた関係で、
徳川家康を祀る「東照宮」も芝公園の一角にあるのです。
この小さなお宮には樹齢400年近い江戸を守るイチョウの大木があります。
あまりに大きくて写真に納まりきれないほど。
太平洋戦争の戦災でほとんどの堂宇を失い、戦後の荒廃によって敷地の多くを失ってしまった増上寺ですが、このイチョウはそのすべてを見てきたわけです。
黄葉にはまだ早かったので、11月末あたりには見事な黄金色に染まることでしょう。


出世の石段.jpg

増上寺からは愛宕へ。
ここには都内23区でいちばん高い山があります。
その名は京都の愛宕山からもらった「愛宕山」。高さ26メートルですが、江戸時代にはここから八百屋町が望めたそう。
85段の「出世の石段」を登ると境内。

出世の石段2.jpg

Tで深大寺ビール.jpg

この境内に田崎真也プロデュースの「和食T」があります。
すべて東京産の食材を使った地産地消なお店。
田崎さんはソムリエですが、東京産のワインはないということで、ビールと日本酒のみ。
「深大寺ビール」はキリリとした黒ビールでした。
東京湾に上がった魚のお造りは鮮度抜群で美味でございました。

Tで刺身定食.jpg

お土産はヌーボー解禁直前ということで、田崎ワインスクールのチーズ屋さんと、
帰り道の新橋で「切腹最中」を。
ちょっと歩きましたが、お天気もよく、開運お守りグッズもゲットして、楽しい半日でした。






posted by みやこ at 23:38| Comment(0) | 東京と首都圏のお寺と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

外国人のほうが詳しい?上野のパワスポ

おばけ燈籠.jpg

川口カルチャーセンターの「散策講座」がはじまりました。
第一回目は上野。
参加者の皆さんは「なんだ、上野かあ」と思っていたそうですが、ガイドブックにもほとんど載っていないところばかりに行くので「こんなところはじめて!!」を連発。
不思議な上野のお山の魅力を楽しんでいただけたようです。

出かけた隠れパワスポは「毛髪塔」やら「穴稲荷」やら「おばけ燈籠」など・・・。
上野駅公園口にはシニアの散策グループがいくつもいたものの、私のコース上には誰もやってきませんでした。
が、欧米人や中国人の観光客がたくさん、やってくるんです。
「穴稲荷」なんて道案内も何もないのに、なぜか皆さんご存じで・・。
もしかして外国語のガイドブックには載っているのかな?

韻松亭.jpg

日本人でいっぱいだったのは、おいしい江戸料理が食べられる「韻松亭」と大河ドラマ効果の「旧岩崎邸」でしたねー。

上の写真は「おばけ灯籠」。
比較するものがないので大きさがイマイチわかりませんが、江戸時代初期に建てられた6.8mもある石灯籠。
上野東照宮に200以上ある灯籠のひとつも、関東大震災で倒壊しなかったそう。
約400年しっかり立っているなんて!
やっぱり上野には何かパワーがあるにちがいない。


散策講座は途中からの参加も可。
ご興味ある方はこちらへ!
■川口カルチャーセンター






posted by みやこ at 22:28| Comment(0) | 東京と首都圏のお寺と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

人生のリ・スタート

人生のリスタート.jpg


今年、2冊目の書籍を上梓しました。
『人生のリ・スタート』(ぶんぶん書房刊)
40歳を過ぎてから新たな仕事に踏み出した10名の方々の生き方、働き方をつづった一冊です。

この書籍の半分を担当したのですが、インタビューした人のほとんどが、私が旅の中で出会った方。
故郷のおいしいレストランオーナーシェフだったり、
定年後にワイナリーを始めた方だったり、
古都で町おこしをする喫茶店のマスターだったり、
中には某「いい旅」編集部員だった整体師さんがいたり(Iさんへのインタビューと執筆は共著者が行っています)だったり・・・。

個性的で心優しく、温かな印象が心に残った人たちに、その人生の話を聞いてみた一冊です。

今は景気が悪くて仕事や生活が思い通りにならないこともあります。
そんな時にちょっと力になってくれる本になったのではないかと思っています。

よかったら手に取ってみて下さいませ。


ちなみにペンネームで書いてます。


※注文は↓こちらから。
ぶんぶん書房



posted by みやこ at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

秋から散策講座を担当します


まだまだ暑い日が続くようですが、秋はもうすぐそこ。
行楽シーズンです。
10月から川口カルチャーセンターと上尾カルチャーセンターで、「半日散策講座」を担当します。

川口は「噂のパワースポットと名所散策」と題して、都内の隠れた名所と名物をご案内します。


上尾は「埼玉の隠れスポット散策」と題して、埼玉県内の隠れスポットを探訪。

どちらも健脚を競うのではなく、歩くのちょっとで寺社や名建築の鑑賞がメインです。
噂のパワースポットもめぐって、元気をもらうプチ旅行になります。

ご興味のある方は、いずれかのカルチャーセンターへお問い合わせください。
どちらも9月に説明会があります。

posted by みやこ at 23:10| Comment(0) | 東京と首都圏のお寺と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。